よろしくお願いします!

初めまして!

この冬からマネージャーとして入部いたしました小糸那央子と申します。

まず、軽い自己紹介をさせていただきます。

学年は2年(この春から3年)で、文学部進学予定、出身は東京で最もダサい制服として名高い高校(小声)です。大学では総務部に所属していてそこで細々と活動しています。また運動は特にやっておらず暇な時は本読んだりテレビ見たり音楽聴いたりカラオケ行ったりすることで日々ゆったりと過ごしていました。

そんな私がホッケー部に入った主な理由としては、ホッケー部の人たちってめっっっっっっっっっっっっちゃいい人たちじゃないですか?????神の集まりでは?と思ったからです。

まず、同期のゆかちゃんに一回見学においでよと言われ、気分転換のためにちょっとのぞいてみようかなと思いホッケー部の練習を見学しに行きました。かなりちゃらんぽらんでフラフラと生きてきた私ですが、そんな私にも丁寧に接してくださる先輩方、ふざけたノリで笑いあったりできる同期、優しく温かく微笑んでくれる後輩の子達をその見学の場で見て、感動いたしました。個人的にも部活というとどうしても重苦しいイメージがあったのですが、女子ホッケー部の皆さんはしっかり活動してきちんとしている中にも暖かく明朗な雰囲気があって、そういった感じが私の性格にもだいぶあっていると感じました。

(ここだけの話、総務の同期の友人たちに部活に入ることを告げた時はだいぶ驚かれ、中高からの知り合いには「あの小糸が部活に入るなんて…私は感動で泣きそうだよ…」とまで言われました。)

一回目の見学では、「ホッケー部なんかおもしれぇじゃん」ぐらいにしか思っていませんでしたが、2回目の見学で「ホッケー競技ってもしかして、いやもしかしなくてもかなり面白いのでは?」と思いました。まだ全然ルールとかわからないですがこれから勉強していっても面白いかもしれないと思い、正式に入部を決めました。私自身は死ぬほど運動音痴で、運動音痴には運動ができる人の言語は通じないと思って生きておりまたその改善の余地がないので、プレーヤーとしてではなくマネージャーとして入部させていただく次第となりました。

ここまで長々と入部した理由を書かせていただきましたが何が言いたかったかというと、最初の部分に戻りますが、女子ホッケー部は本当に素晴らしい方々で構成されており、そこに惹かれたのです。これからはそんな皆さんと一緒に頑張っていけたらいいなと思っております。マネージャーの仕事をこれからしっかりつとめていけたらいいなと思っているので、短い間ですが本当によろしくおねがいいたしますm(_ _)m

最後になりますが、初めてのブログで何を書いていいものかよくわからないので、とりあえず最近あったことをほんのすこし書かせていただきます。1ヶ月前、姉と新潟に行ってまいりまして新潟メシを堪能してきました。タレカツ丼が有名ということでそのお店に行ったのですが、姉も私もまさかのタレカツ丼を食べないという…。

これから遠征などで新潟に行く機会があればまたそこに行ってタレカツ丼を食べたいと思います。(食べ物のことしか考えていない。)

最後に、新入部員が入ってくる一足先に入部となりましたが、温かく見守ってくださると有難いです。

以上、駄文失礼いたしました。

大変長らく更新を止めてしまい申し訳ないです。

次の方はちかさんになります!


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事